もしぼくに音楽的進歩

もしくは表現レベルの向上する瞬間があったのならば

ビー玉ラウンジ以外にはありません。

きいたことない沖縄音楽、世界の民謡。即興音楽。


レベルの高い音楽を要求されたらり

ライブでおおはしゃぎしながらも、泣かせたり、眠らせたり。


三線、ニコ、歌の力。

リーダーでありカリスマ大関順子は東京へいったので

なかなか活動できないのですが

いつも、ひりひり緊張します。

なにかの大会の日本代表になれると思っています。


音楽で何かを創造する。

そんな崇高さと

飲み屋で大暴れ大笑い。

そんな大衆さのあいだをゆらゆら。


機会があればぜひみなさん、ごらんになってください。